2017年05月29日

かもめよもやま話L 子ども子育て会議で承認

今日、小樽市子ども子育て会議に出席していた小島理事から
「無事承認されました」とのメール。

会議の議題になっていたのは、かもめ保育園の今回の園舎建て替えを前提とした利用定員の変更。
つまり、園舎を建て替えて定員を66人から77人に増やすことについて
小樽市として「賛成」とすべきという意見が確認されたということです。

あとは、6月上旬に出るはずの国からの補助金の内示を待つばかり。
その後、市からの意見書をもらって、福祉医療機構に正式な融資申し込みをして、工事の入札をして・・・

進んでいきます。



posted by kamome at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめよもやま話

2017年05月25日

かもめよもやま話K 土地の仮契約

建設予定地の地主のSさん宅で、仮契約を行ってきました。
補助金・融資金が受けられることが条件の売買契約です。
完全な契約をしてしまうと、公的金融機関(福祉医療機構)からの融資対象から外されてしまうための「仮」契約です。

ただ、これは、確かな一歩です。
地主さんからは、今後土地を測量したり、穴を掘る許可をもらいました。
とりあえず、落とし穴でも掘りますか? なんてね。

その後、S建築士が、これまで以上に正確な、
建設位置や土地の傾斜も忠実に模した、新園舎の模型を持ってきてくれて、
りじちょ・藤原園長・小島理事・K理事・T川・H詰で説明を受けたり、要望を伝えたり。

大きなものが目に見えて動き始めました。

posted by kamome at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめよもやま話

2017年05月24日

かもめよもやま話J いよいよ

新園舎の用地購入手続きを依頼している不動産業者のAさんから、
昨日「非農地現況証明書」が農業委員会から交付されたという連絡がありました。

これで、「畑」でなくなるので、かもめでも買うことができます。
早速、明日、Aさんと一緒に地主さんの所に行って、仮契約してきます。

手付け金が要ります。
かもめで「50万円だけど、ありますか?」と聞くと
小島理事「大丈夫です。すぐ用意しときます。」
・・・・・・・

地主さんが了解してくれたら、仮契約後すぐに測量が必要です。
「70万円くらいになると思うんだけど・・・。」
「あります!大丈夫です。」
・・・・・・

ずいぶん余裕ができたものです。
認可になって、入るべきものがきちんと入るようになって、
当座の現金に困ることはなくなっているようです。

でもね、ふと気が付くと、金銭感覚がおかしくなってしまいそうな不安がよぎります。
二桁くらい。
手付けのお金だって、年末の餅つきをみんなでめいっぱい頑張っても稼ぎきれない額です。

20年前、古紙1枚1枚を大切に溜めて資源回収でお金に換えたり、
かもめの子どもたちが捕ったバッタやコオロギを爬虫類を買う友人に
1匹20円で買ってもらったりしたのをまた思い出しちゃいました。

慎しまねば・・・。





posted by kamome at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめよもやま話

2017年05月17日

かもめよもやま話I かもめOB!?

先日、運転しながらラジオを聴いていたら、
ファイターズの中島卓也選手の登場曲を提供している
TOCCHIという歌手が紹介されていました。
聴いてて・・・!? かもめのOBでないのかな?
ねえ? HUチさん。

〜〜〜〜〜〜TOCCHI Twitter(https://twitter.com/TOCCHI_SAPPORO)より抜粋〜〜〜〜〜〜〜〜




楽曲の配信もされていますね!
https://t.co/sSpRZwRxJm
posted by kamome at 20:50| Comment(3) | TrackBack(0) | かもめよもやま話

2017年05月15日

かもめよもやま話H 今年もなんとかやれました〜山菜パーティー〜

昨日は、かもめ恒例の山菜パーティー。
IMG_0268.jpg
IMG_0281.jpgですが、むちゃくちゃビミョーな天気でした。
9:00〜12:00の予報は、メディアによってだったりくもりだったり。
でも、そこはかもめ、「降ったら下りてくればいい」ということで、
カッパと着替えを用意して決行!
結局その勢いに雨も避けたらしく、ほとんど雨にあたらず下りてこられました。

年長組と小学生組で入った斜面は、思っていた通りウドだらけ。
タランボは、やっぱり遅かったけど・・・。
皆が山から下りてくると、保育園の庭には、一時山菜(ほとんどウド)の山ができました。

仕分けも大変。
ウド、ウド、タランボ、ウド、ウド、ウド、アズキナ、ウド、ウド、コゴミ、ウド、ウド、ウド、ウド、ヨブスマソウ、ウド、ウド、ウド、ニリンソウ、ウド、ウド、ウド、ホウチャクソウ!?・・・ウド、ウド、アマドコロ、ウド、ウド・・・

OBのHさん、M田さん、M澤さん、ご協力感謝、助かりました。
来年は、新しい仕分け人メンバーを期待したいです。

でも、やっぱり調理がいちばん大変そうでしたね。
まるで食品工場のようにひたすらウドの皮むきをしているお母さんたちもいました。
お陰で、食べる方は、今年もみんな大満足だったのでは?

山の恵みと皆さんの働きに感謝です。




posted by kamome at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめよもやま話

2017年05月09日

かもめよもやま話G 山菜下見

ゴールデンウィーク終わってしまいましたね。
って、もうまる2日も経ってます。

今年の山菜パーティーは14日(日)と決まっていますが、
7日、その下見に山に行ってきました。
いつも手伝ってもらうOBのMさん、在園の保護者6人、それに年長担任I、計9名の山行でした。

早いところは、もう盛んに出ちゃってました。
特にタランボは、「う〜ん、今日だったね・・・」という感じ。

今年は4月が寒かったし、雪が多く残っていたから、
去年より1週間遅くてちょうどいいと思っていたのに、
連休中の異常な暖かさが、出始めた芽に思いっきり勢いをつけちゃった感じ。
う〜ん、自然相手は難しい。

でもでも、ウドはたぶんドンピシャ。
立派なのが山ほどありそうですよ。
年長組&小学生は、2重軍手とナイフ(切れるものなら何でも)持って集合です。

下のクラスに行ってもらおうと思っている谷も
コゴミ・アズキナがちょうどよさそう。

あとは、天気です。


posted by kamome at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめよもやま話

2017年04月21日

かもめよもやま話F いまさらですが

20170421.jpg
4月から全体が認可園になって、
「かもめ保育園の正式名称はどうなりますか?」と聞かれました。
いまさらですが、あらためて。
保育園の名前は「認定こども園かもめ保育園」
それを運営する法人の名前は、
「特定非営利活動法人かもめ保育園」
なので
通称では「NPOかもめ保育園」のままでいいのではないでしょうか。

今朝の道新にかもめ関係者が大きく出てました。
小島理事の長女、萌ちゃん。
地元小樽でしっかり活躍しています。
今度乗せてもらいましょう。
posted by kamome at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめよもやま話

2017年04月16日

かもめよもやま話E 収益活動

NPOかもめ保育園の2017年度総会が行われました。

前半のかもめ会(保護者と職員の会)総会では、やはり「認可後の収益活動をどうするか?」
が活動方針の焦点になっていました。
海や山での園外保育の環境を整えていくためには、
「ある程度負担軽減しながらも、ほぼこれまで通りの収益活動が必要」
と幹事会側が活動方針を提起したのに対して、
その必要性は認めながらも、園外保育にかかる費用の明確化を求める意見や、
写真やDVDの撮影・制作・販売を収益目的で行うことやめるべき、といった意見が出されました。

「役割だから仕方なく」とか「やらされている」といった感覚でやるのでは、
疲労感と不満ばかりが募ります。
収益活動や収益行事への取り組みが、時として限られた人に過重な負担にならないように気を付けてほしいですね。

ただ、一方で、海かもめや山小屋を整備することだけでなく、
それ以外の行事や園外保育を行うのも、定員に対して贅沢なホールのある園舎を建てるのも、
「認可基準」を結構上回る部分であったりして、
保育園の運営費で賄うべきものと収益活動で賄うべきものを明確に線引きするのは結構難しいなとも思います。

新園舎建設にかかる収支計画では、かもめ会からの寄付として
毎年100万円程度の収入を見込んでいます。
会員の皆さんで協力して、できるだけ無理なく楽しく、やりがいを実感しながら取り組んでいただけたらと思います。


posted by kamome at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめよもやま話

2017年04月05日

かもめよもやま話D 25周年記念誌 増刷?

7年前に作った「かもめ保育園25周年記念誌」の在庫がほぼ底をついてしまっているようです。
当時、編集委員で頭を悩ました挙句、
「せっかく頑張っていいものを作ったんだから」と
在庫の山と赤字覚悟で、直接の需要数より100部以上多く作りました。

しばらくは新しく入る保護者の方などがぽつりぽつりと購入してくれていたのですが、
あのテレビ番組以来、かもめ保育園に興味を持った全国各地の方々から購入希望が殺到したようです。

手前味噌ですが、記念誌、いい出来だと思います。
多くの関係者が記事を寄せてくれ、
それをプロが写真をふんだんに入れてデザイン・編集してくれています。
とてもきれいで見やすい装丁です。

かもめの歴史が概観でき、重要な出来事が読みやすくまとめてあります。
長年にわたって築き上げてきた保育内容も、保育園の発展に尽くした親たちの活躍も、更にはかもめが分裂消滅してもおかしくなかった困難な出来事も・・・。
手に取れば、かもめの共同保育の発展の歴史がよくわかります。

「売れちゃって、もう在庫ないんだよ!」と聞いて、
嬉しいやら、少し残念やらだったのですが、
当のデザイナーMさんが、伝手をあたってくださって、
少ない部数でも定価以下で無理なく増刷できることがわかりました。

すばらしい・・・。

posted by kamome at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめよもやま話

2017年04月04日

かもめよもやま話C かもめのホールって

最近気が付いたこと
今のかもめのホールって、認可外保育園としては、むちゃくちゃ贅沢なものだったということ。
ホール、約99uです。
卒園式の時なんかは、
お客さんが入ると子どもたちのリズムをやるのにもけっこう窮屈で、
かもめ関係者は、皆口をそろえて「狭い」と言うと思うんだけど・・・。

いま新園舎建築に関わるようになって、他の保育園の園舎施設を意識してみるようになってわかりました。
そこそこの定員規模の認可保育園でも、かもめ並みの広さのホールがある所は少ない。
それどころか、まともなホールがない保育園だってある。
(ホールなくても認可基準はクリアするんですね。)

毎日リズムをするかもめ保育園にとってはどうしても必要な広さではあるんだけど・・・
よく建てたね・・・20年も前に。
補助金1銭ももらわずに、その後もらえる見込みも立たないのに。

「子どもたちを広いホールでのびのびと遊ばせたい」という思いだけで、
かなり無茶なことをやったと思います。
それを思えば、全体認可になった今、新園舎を建てようというのは、
けして無理でも無茶でもないと思うのです。

posted by kamome at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめよもやま話