2018年01月04日

新年の業務開始

正月休みが終わって今日から仕事の方が多かったのではないでしょうか?
かもめも今日から保育開始でした。
が、りじちょの勤める専門学校はまだ冬休み中なので、
午前中はグダグダと自宅で正月の余韻に浸った後、
午後からは、小樽市役所の子ども育成課にあいさつに行きました。

新年のご挨拶&園舎建設状況の報告のあと、
旧園舎の活用方法としてはっきりとした要望のあった「学童保育」と「病(後)児保育」について
小樽市の現状とかもめでの実現可能性と課題について聞いてきました。

「学童保育」は、近隣の3つの小学校のいずれにも、空き教室利用の放課後児童クラブが既にあり、
おそらく定員充足されていない、要するにサービスが足りている状況なので、
はなっから「難しい」と言われるのではないかと思っていたのですが、そこまでシビアな話はされませんでした。
一定数以上の利用が見込め、施設・設備や人員などの基準を満たすようであれば、可能性はありそう。
ただ、どれぐらいの利用が見込めるか、利用希望が集まるような体制がとれるかどうかが課題です。

「病(後)児保育」は、必要とされていながら、市内にまだ1箇所もないことを改めて確認しました。
市としても、早期に実施したい意向はあるようです。
ただ行うとなると、最低の定員3名/日であっても、看護師1名、保育士1名を専任で置かなければならず、
確保するのがなかなか大変。
市の負担も相当の金額になるため、事業側の希望よりも市の方で需要等を見極めて委託するか否かの判断をすることになるらしい。

いずれについてもまとめて、13日の新年会の時に話の材料として提供したいと思います。
posted by kamome at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめよもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182039913
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック